最優秀塾生挨拶

 第六期 とちぎ未来塾塾生の土屋でございます。

この度は、この様な大役を仰せつかり、大変恐縮ではございますが、塾生代表と致しまして挨拶をさせて頂きます。

 

第六期とちぎ未来塾は、昨年613日の開講式を皮切りに、毎月1回、本日220日まで計9回開催されました。各講座は国会議員や市長の先生方を講師にお招きし、講演という形式で時局や経済、外交、教育、防衛、経験談と、多岐の深い、専門的なお話を拝聴致しました。また、講演後は自主研究グループ活動と題しまして、時事問題に対し、ディベートやワークシップ形式で塾生同士で活発な議論を行いました。

 

そこで、皆様に今一度第六期とちぎ未来塾を振り返って頂きたく、簡単ではございますが各講演の紹介をさせて頂きたく思います。

 

1回定期講座は、開講式と共に執り行われました。開講式では、本塾の塾長でもあります衆議院議員の茂木先生や石坂先生、小池先生が出席され、我々塾生に激励の言葉を送って下さりました。

初回となる講演では、小池先生より「もったいないを活かす」と題しまして、安全保障や原発、メディア、環境など、日本の今置かれている様々な問題についてご教授頂きました。また、点のみで捉える専門性の虫の目眼のみならず、世界を俯瞰する鳥の眼を持つ事が大切であり、客観性を有し、大義、共感を得られる様に心掛ける事が大切だとご指導頂きました。

 

2回定期講座では、衆議院議員の秋葉先生をお招きして、「地球儀を俯瞰する外交」とODAと題しまして、ご講演を賜りました。現地の日本の顔でもある大使館を増強し、日本企業の海外進出支援の拠点とする事で、資金のばらまきでは無い、現地国の自立を支援する体制を作り、信頼を得られるODAJICA等の支援によって外交力を強化し、国益に繋げる事が大切だと教わりました。


3回定期講座では、衆議院議員の宮川先生をお招きして、「今、日本の教育が変わる時!!」と題しましてご講演を賜りました。党内に議連「TEAM 学校」を立ち上げ、教師の過負荷や子供の選択肢の少なさという教育現場の問題に対し、一人の子供を多数の教師で分業出来るように改革を行っていくと教わりました。また、大学の地域密着により、選択肢を増やしていくと教わりました。


4回定期講座では、宇都宮市の佐藤市長をお招きして、「ネットワーク型コンパクトシティについて」と題しましてご講演を賜りました。宇都宮市の目指すネットワーク型コンパクトシティは、街の施設を複数の町で連結、共有する事で、将来を見据えた持続可能な体制を作り出す、地方創生の政策と教わりました。この他、食育や読書推進等の教育や、福祉について教わりました。

5回定期講座は、中央研修会と致しまして、靖国神社参拝後、自民党本部見学を行いました。第1部講演では、衆議院議員の菅原先生をお招きして、「日本経済と財政再建の両立について」と題しましてご講演を賜りました。ユネスコ記憶遺産や軽減税率について、どの様な状況になっているか教わりました。また、最新の日本経済、財政の資料を頂き、活用したく思いました。
2部講演では、衆議院議員の石破先生をお招きして、「時局講演」と題しましてご講演を賜りました。多岐に渡る大臣経験から、日本の国防、農水、地方創生について教わりました。また、当時議論となっていた安全保障問題について、国連の役割と自衛権の関係を教わりました。その中でも、「勇気と真心で真実を語る」という政治家の理想、理念の言葉は、大変感銘受けました。


6回定期講座では、衆議院議員の浜田先生をお招きして、「日本の安全保障」と題しましてご講演を賜りました。国防の意味するところや、我が国の国防を支える自衛隊の役割、世界の中の日本の責務について教わりました。また、緊迫する極東情勢や中東情勢についてお話があり、冷戦後から新たな時代に入っているのだと実感致しました。

 

7回定期講座では、衆議院議員の平先生をお招きして、「地方創生」と題しましてご講演を賜りました。アベノミクスの第3段階である地方創生は、国家戦略特区、TPPに始まり、自治体主体の新しい価値を創造し、地産地消支える仕組みを作ると教わりました。また、リーサスの活用や地域間を繋ぐコネクティングハブ企業の育成などの新しい施策を教わりました。

 

8回定期講座では、参議院議員の阿達先生をお招きして、「パラダイムシフトする世界と日本の政治経済」と題しましてご講演を賜りました。経済のグローバル化により、一国の影響が増すと共に、グローバル企業の肥大化が起こり、世界経済がパラダイムシフトしている事を教わりました。また、民主主義の意味するところのお話があり、学習の重要性を再認識致しました。

 

普段、聞く事のできない多岐に渡る分野のお話を拝聴する事ができ、大変勉強になりました。また、自主研究グループ活動や未来塾事務局に主催して頂きました懇親会を通して、多くの方々と出会い、意見を交わし、親睦が深められたと思っております。これらは私の何事にも変えがたい大切な財産であると感じております。

 

僭越ながら塾生一同を代表させて頂きまして、講演にお越し頂き、貴重なお話をしてくださりました諸先生方、また、初参加であった私を暖かく迎えて下さりました事務局の方々、塾生の皆様に感謝を申し上げると共に、第7期もお会い出来る事を期待して、代表の挨拶とさせて頂きます。

 

220日 塾生代表 土屋知大


コメント
コメントする








   

最新の記事

アーカイブ

記事の検索

塾生紹介

無料ブログ作成サービス JUGEM